パソコン初心者も笑顔になれる出張パソコン教室++あなたのお部屋がパソコン教室に!

2016.02.10 Wednesday

クローバーアイコン再就活応援セミナー、無事終了。。。

パソコン教室・パソコン家庭教師FromNowです。

再就活応援セミナー、無事終了しました\(^o^)/

夜な夜な翌日のカリキュラムを練り直す日々も終了です。
皆さま10日間、ありがとうございました。
ホッとするのと同時に寂しいです(>_<)
  

そして・・・
講習が始まって数日経った頃、
一人の生徒さんの後ろ姿(うなじ)を見てもしや!と
思っていた疑問が本日解消(^^♪

私が長年ファンである阿波踊り連『うづき連』の大好きな踊り子さんだったの〜❤

この方の踊りを録画したDVDを何度スローモーションで再生し研究していたことか!
朝から大興奮(^^♪
さらにお昼休みに踊りのレクチャーを受けて、喜び爆発〜(^^♪

サイコーに楽しい10日間でした\(^o^)/

これからもパソコン上手く活用してくださいね!
また、お会いしましょう(*^_^*)


2016.01.28 Thursday

クローバーアイコン『ママだって働きたい!再就活応援セミナー (徳島県経営者協会主催)』 が始まりました。

パソコン教室・パソコン家庭教師 FromNowです。

『ママだって働きたい! 再就活応援セミナー(徳島県経営者協会主催)』
パソコン講習が始まりました〜🍀

 
今日は、お子さんの体調不良などの理由で受講生2名の少人数となりました。

少人数は、
ゆっくり、じっくり、レクチャー出来る
私の得意とする一番大好きなスタイル💓


急遽、事務局のアルバイトの方も巻き込み 

「今さら聞けないお悩み解決!」的、
和気藹々と進む講習となりました〜
力入り過ぎて、半袖になっとります😝

やっぱり、講習!楽しいぃ🍀😆🍀



夕方は、マクドナルドでのマンツーマン講習❕

生徒さんのやりたい事に沿っての講習なので、メキメキ上達していくのを見るのは本当に嬉しいんです〜🎵🎵

今回の生徒さんは
パソコン操作は初めてに近いのに、一度言えば出来る凄い方なんです👏

3ヶ月後には達人になってる❕きっと🎶

 


2015.10.16 Friday

クローバーアイコン生年月日から年齢を計算【DATEDIF関数】

Excelの講習で生徒さんからの質問で多いのが。。。

「生年月日を入力するだけで年齢が自動計算できるようにするには、どんな関数を使用するのですか?」というものです

この場合に使用するのは、『DATEDIF(デイトディフ)関数』
この関数は開始日から終了日までの「年数」「月数」「日数」などを求めることができます。

上記の質問の場合は
生年月日を「開始日」、年齢を求めたい日(現在の日付)を「終了日」に指定すれば、「年齢」を求めることができます。


ただこの関数は。。。
[関数の挿入][関数の貼り付け]ダイアログに表示されないので
キーボードから手入力する必要があります。

なぜ表示されないのかは↓ マイクロソフトのサイトのサポート記事をご覧ください。
[XL2000] DATEDIF 関数が関数ウィザードの関数名一覧に含まれない


★DATEDIF関数の書
=DATEDIF(開始日,終了日,単位)

  【開始日】には、期間開始日またはセルを指定します。
   日付を指定する場合は『"(ダブルクォーテーション)』で日付の前後を囲みます。

  【終了日】には、期間終了日またはセルを指定します。
   日付を指定する場合は『"(ダブルクォーテーション)』で日付の前後を囲みます。

  【単位】には、表示する期間の単位を指定します。
   "Y"   :  期間内の満年数
   "M"  :   期間内の満月数
   "D"   :  期間内の日数
   "YM" :  1年未満の月数
   "YD"  : 1年未満の日数
   "MD" : 1ヶ月未満の日数
    ※大文字でも小文字でもかまいません。

▼操作例▼
D5セルに現在の年齢を「年数」で求めます。
DATEDIF解説1

C3セルには年齢を求めたい年月日 ←引数の終了日
C5セルには生年月日       ←引数の開始日

D5セルに「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") 」と入力
※2番目の引数はあとでコピーすることを考慮し、絶対参照にしておきます。


入力した数式をコピーし、完成。
全ての方の満年齢が計算されました↓

DATEDIF解説2

「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") 」と入力した単位の"Y"を変更すると↓

 "M"にすると → D5セルの表示は『383(ヶ月)』( 期間内の満月数)
 "D"にすると → D5セルの表示は『11671(日)』( 期間内の日数)
 "YM"にすると→ D5セルの表示は『11(ヶ月)』( 1年未満の月数)
 "YD"にすると→ D5セルの表示は『348(日)』( 1年未満の日数)
 "MD"にすると→ D5セルの表示は『14(日)』( 1ヶ月未満の日数)


例えば、上記例を
「○歳○ヶ月」というような表示にする場合は、

「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") & "歳" & DATEDIF(C5,$C$3,"YM") & "ヶ月"」
とします。

とても便利で簡単な関数なので、是非使ってみてくださいね


2014.09.25 Thursday

クローバーアイコン女性の再就職準備セミナーが始まりました。。。

22日生徒さんの結婚式の二次会に出席しまして、
幸せのおすそわけでパワーアップしている今週。。。

予てより準備しておりました、徳島県と
公益財団法人徳島県勤労者福祉ネットワークが主催の
女性の再就職準備セミナーの講座が始まりました

セミナー自体は、9月初旬からスタートしているのですが、
私が担当するのは、本日からのパソコンスキルアップ講座(11日間)です。
Word・Excelの基礎を勉強し、ExcelのMOS資格取得を目指すコースです

コンセプトは。。。
結婚や出産を機に離職し、本気で再就職を希望する女性のための講習
少しでも皆さんの再就職をサポートできる様、頑張りたいと思っております

女性の再就職支援セミナー

詳しい情報は、徳島県のホームページをご覧ください。↓
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2014081400046/

2013.12.21 Saturday

クローバーアイコンWord2007に挿入した図と図形がグループ化できない。。。

 生徒さんから、
Word2007に挿入した図(クリップアートや写真)と図形(オートシェイプ)がグループ化
できないとの質問を受けました
*********************************************************

Word2007図形のグループ化1
【Word2003】では、
左の様に
種類の異なるオブジェクト同士を複数選択後→【グループ化】できていました。

Word2007図形のグループ化2
【Word2007】では、
異なる形式のオブジェクト同士は複数選択もグループ化もできません

では、どうするのか。。。

Word2007では、2003までは鬱陶しく思っていた
【描画キャンバス】の中でだけ
異なったオブジェクト同士をグループ化が可能になります

Word2007図形のグループ化3

【挿入タブ】→【図形】→【新しい描画キャンバス】をクリックすると、画面上に描画キャンバスが作成されます。




Word2007図形のグループ化4
作成した描画キャンバスの中にグループ化したいオブジェクトを挿入すれば、異なる形式同士のものもグループ化可能になります。


グループ化後は、
描画キャンバス外へオブジェクトを移動しても大丈夫です

このように、Word2007では図と図形は描画キャンバスを使わないと
グループ化できませんでしたが。。。

Word2010では、2003までと同様に描画キャンバスを使用しなくても
グループ化できる様になりました
ただし、
オブジェクトの文字列の折り返しの設定が『行内』以外の場合だけ可能です。



2012.10.17 Wednesday

クローバーアイコンWord2010での図の形状を変更するには。。。

今回のIT技能科は、Word2007を使用しての講習なのですが。。。
自宅のパソコンがWord2010の生徒さんから質問を受けました。

「Word2007で図を型抜きできた”図の形状”のボタンが、2010ではありません」と。
図の形状は、写真などをオートシェイプの形に切り抜くことができるツールです。

機能自体はなくなってはいないのですが。。。
2007から2010にバージョンアップして、ボタンが移動になっているものがあるのです。そのうちの一つが、図の形状のボタン。

★2007の画面★↓
word2007図形の形状
【図ツール】→【書式】→【図の形状】から切り抜きたい図形を選択



それが2010では。。。
word2010図形の形状
【図ツール】→【トリミング】→【図形に合わせてトリミング】から切り抜きたい図形を選択(クリック)

こんなに大幅に機能名称とボタンの位置が変更になっていては、
パソコン初心者の生徒さんでは、なかなか見つけられないのは当然ですよね



2012.06.21 Thursday

クローバーアイコン書式のコピー・貼り付け。。。

 職業訓練での『Word講習』真っ只中

19日の台風で、講習が1日休みになってしまいましたので
その分の補講のため、授業時間が1時間プラスに
7時間、喋りっぱなしです。。。


ワンポイント講習(Word編)===================================

同じ書式をほかの箇所でも適用したい時に便利な『書式のコピー・貼り付け』ですが、

同じ書式を複数箇所で適用したい時はどうしていますか?
『書式のコピー』→『書式の貼り付け』を繰り返していませんか?

そういう時は。。。
書式のコピー・貼り付けを連続使用できる方法があるんです


まず、元になる書式の設定されている箇所を選択します。
  ↓
【書式のコピー/貼り付け】ボタンをダブルクリック。このダブルクリックが重要!!
  ↓
ハケのアイコンのマウスポインタで、書式を適用したい箇所をなぞっていきます。
  ↓
適用したい箇所全てに貼り付けが終了しましたら、【ESC】キーを押します。


以上の操作で、複数箇所に同じ書式を適用することができます

覚えておくと便利ですよ


≪番外編≫
【Ctrl】+【C】のショートカットキーでコピーすることができるのは有名ですが、
書式のコピー・貼り付けにもショートカットキーはあるんです

【Ctrl】 + 【Shift】 + 【C】  書式のコピー

【Ctrl】 + 【Shift】 + 【V】  書式の貼り付け





2012.03.19 Monday

クローバーアイコンオートシェイプを回転させると。。。

 最近、ようやくoffice2010の講習依頼が増えてきました

職業訓練では、office2003を使用していますので
たまにですが、頭の中で操作がごちゃごちゃになってしまいます

Office2007より
インターフェイスのフルチェンジや
機能の変更で、便利になった部分がたくさんあります

編集しやすくなった部分の1つが、オートシェイプの回転です
※但し、Word2007は除きます。

2003までは、オートシェイプと呼ばれていた図形ですが、
2007からは、テキストボックスとオートシェイプを含めて『図形』と呼びます


【Office2003までとWord2007の場合】
オートシェイプ回転1
オートシェイプに
横書きの文字が入力されています。
オートシェイプを回転させてみます。

オートシェイプ回転2
オートシェイプは回転しますが、
文字は回転せず、元の方向のままです。



オートシェイプ回転3
文字を回転させるには、
オートシェイプ上を右クリックし、
【オートシェイプの書式設定】を選択。


オートシェイプ回転4
ダイアログボックス【配置タブ】の方向を変更します。


この様な手順で操作していましたよね。




2007からは。。。



【Office2007以降の場合(Wordは2010から)】

図形の回転2

左図の様に
図形の回転に合わせて、文字も回転します。



少しずつ便利に改良されていってるんです

でも、たまに以前の機能の方がよかったなぁ
と思うものもあるんですけどね


2011.12.08 Thursday

クローバーアイコンOffice2007のリボンを2003風に。。。

Office 2007より
2003までのメニューバー表示が無くなり、
『リボン』と呼ばれるツールバーが搭載されました。
旧バージョンを利用していた方は、新しいスタイルに馴染めない人が多いと思います。

一番お薦めの対応は、
以前、このブログ『Office2007とOffice2003のコマンド対応表』で紹介した
対応表を見ながら、2007のユーザーインターフェースに慣れることです


でも、どうしても馴染めない方は

『Office2007オールドスタイルメニュー アドイン』という
フリーソフトを入力してみてください

このソフトをインストールすると、
インターフェイスを『office2003』風に変更できます

あくまでも、『2003風』ですので、全く同じになるわけではありません
Office2007の操作に慣れるまで、迷った時のお助けツールと思って下さいね

【インストール前インターフェイス】
インストール前

               ↓

【インストール後】
インストール後

リボン上に2003風メニュータブが表示されます。




ダウンロードページには下記をクリックして下さい
Vector(アプリケーションダウンロードサイト)



2011.11.12 Saturday

クローバーアイコンOffice2007とOffice2003のコマンド対応表

先日まで担当しておりました、
職業訓練のIT講習では、Office2003を使用してましたが。。。

現在では多くの企業がOffice2007やOffice2010へと移行してきております。
Office2007からは新しいユーザーインターフェースが採用されたため、
以前担当した生徒さんからも『2003と2007では、メニューが違うので解らない』
と言う話をよく聞きます


以前にも『Office2007以前バージョンのコマンドはどこへ?』で紹介しましたが。。。

実はこの悩みを解消するツールが用意されているのです
その名は。。。『リボンマッピングブック』

リボンマッピングブックは、Office 2007とOffice 2003のコマンド対応表です。
2003までのOfficeをかなり使い込んでいた方は、
こちらを参照すると新しく2007を使用するときに役立ちますよ


今回は以前紹介した方法を簡略した手順です。

=============================================

リボンマッピングブックを参照するには。。。


下記のリンクの中から、保存したい対応表をクリック

Word2003のコマンドに対応するWord2007の対応表
Excel2003のコマンドに対応するExcel2007の対応表
Powerpoint2003のコマンドに対応するPowerpoint2007の対応表

クリックすると、
下図のように『Microsoft社』のホームページが表示されます。

さらに

ページ下部にある【リボン対応表】へのリンクをクリックします。
リボンマッピングブック


そうすると、
ファイルを開くか保存するかを選択するダイアログボックスが表示されます。
自分のパソコンにファイルを保存する場合は、
保存ボタンをクリックし保存先を指定。

リボンマッピングブック2

これで『リボンマッピングブック』を
自分のパソコンに保存(ダウンロード)することができます



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

友だち追加数

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

  • Design : *FromNow*
  • FromNowバナー