パソコン初心者も笑顔になれる出張パソコン教室++あなたのお部屋がパソコン教室に!

友だち追加数
2015.10.16 Friday

クローバーアイコン生年月日から年齢を計算【DATEDIF関数】

Excelの講習で生徒さんからの質問で多いのが。。。

「生年月日を入力するだけで年齢が自動計算できるようにするには、どんな関数を使用するのですか?」というものです

この場合に使用するのは、『DATEDIF(デイトディフ)関数』
この関数は開始日から終了日までの「年数」「月数」「日数」などを求めることができます。

上記の質問の場合は
生年月日を「開始日」、年齢を求めたい日(現在の日付)を「終了日」に指定すれば、「年齢」を求めることができます。


ただこの関数は。。。
[関数の挿入][関数の貼り付け]ダイアログに表示されないので
キーボードから手入力する必要があります。

なぜ表示されないのかは↓ マイクロソフトのサイトのサポート記事をご覧ください。
[XL2000] DATEDIF 関数が関数ウィザードの関数名一覧に含まれない


★DATEDIF関数の書
=DATEDIF(開始日,終了日,単位)

  【開始日】には、期間開始日またはセルを指定します。
   日付を指定する場合は『"(ダブルクォーテーション)』で日付の前後を囲みます。

  【終了日】には、期間終了日またはセルを指定します。
   日付を指定する場合は『"(ダブルクォーテーション)』で日付の前後を囲みます。

  【単位】には、表示する期間の単位を指定します。
   "Y"   :  期間内の満年数
   "M"  :   期間内の満月数
   "D"   :  期間内の日数
   "YM" :  1年未満の月数
   "YD"  : 1年未満の日数
   "MD" : 1ヶ月未満の日数
    ※大文字でも小文字でもかまいません。

▼操作例▼
D5セルに現在の年齢を「年数」で求めます。
DATEDIF解説1

C3セルには年齢を求めたい年月日 ←引数の終了日
C5セルには生年月日       ←引数の開始日

D5セルに「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") 」と入力
※2番目の引数はあとでコピーすることを考慮し、絶対参照にしておきます。


入力した数式をコピーし、完成。
全ての方の満年齢が計算されました↓

DATEDIF解説2

「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") 」と入力した単位の"Y"を変更すると↓

 "M"にすると → D5セルの表示は『383(ヶ月)』( 期間内の満月数)
 "D"にすると → D5セルの表示は『11671(日)』( 期間内の日数)
 "YM"にすると→ D5セルの表示は『11(ヶ月)』( 1年未満の月数)
 "YD"にすると→ D5セルの表示は『348(日)』( 1年未満の日数)
 "MD"にすると→ D5セルの表示は『14(日)』( 1ヶ月未満の日数)


例えば、上記例を
「○歳○ヶ月」というような表示にする場合は、

「=DATEDIF(C5,$C$3,"Y") & "歳" & DATEDIF(C5,$C$3,"YM") & "ヶ月"」
とします。

とても便利で簡単な関数なので、是非使ってみてくださいね


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

友だち追加数

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

  • Design : *FromNow*
  • FromNowバナー